CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
HOME・TOP
***These Blog-articles belong to...

−−−ペットと旅・総合情報サイト 『八ヶ岳南麓ペット.com』***
LINKS
OTHERS
RECOMMEND

八ヶ岳南麓ペット.com−−pet病気相談室

ペットたちの病気について、予防・早期発見(初期症状)・検査・治療
といった各観点から専門家のお話を伺うblogです。

回答者:青山保先生(山梨県北杜市大泉町・青山どうぶつ病院院長)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ワクチンは本当に必要か?
質問
犬猫を同時飼いしている友人が、犬も猫も、伝染病はほとんどなくなっているし、ワクチンの副作用のほうが怖いので、ワクチンはしないと言ってましたが、本当でしょうか?
特に室内飼いの猫の場合は、する必要ないと彼は強調しているのですが・・・


回答
 ワクチンは本当に必要なのか? 当たり前のように打っているワクチン(予防接種)ですが、そもそもワクチンとはどういうものなのかを理解しておく必要があると思います。犬の狂犬病のワクチンや混合ワクチン、猫の混合ワクチンというものが今の日本では主に接種されています。
 ワクチンはウイルスや細菌による病気の発症を防ぐものです。弱らせたり、死んだウイルスや細菌(あるいはその一部、抗原という)を注射して、それに対して動物の体の中で抗体をつくらせます。すると、その後にそのウイルスや細菌が入ってきた時、抗体がやっつけてしまうのです。抗原抗体反応というのを聞いたことがあるかと思いますが、その反応を利用しているのです。
 ワクチン接種による副作用としては、重篤なものではアナフィラキシーショック(急性の循環障害をおこす)や発熱、元気消失、食欲不振、一過性の嘔吐や下痢、顔面の腫脹、注射部位の痛みや腫れなどが起こることが報告されています。アナフィラキシーなどはまれですが、その他の副作用は時折みられますし、何回かワクチンを接種したことのある飼い主の方ならばおおかれすくなかれ経験しているのではないでしょうか。
 こういった副作用はワクチンとして注射された病原体であるウイルスや細菌そしてワクチンにふくまれる添加物などに対する免疫反応の結果であり、絶対になくすということは現時点では難しいでしょう。ワクチンそのものがもともと動物(人間でも同様ですが)に免疫反応をおこさせて抗体をつくらせようとしているからです。病気の発症を抑えるのに十分な抗体をつくらせるが、それ以上の過剰な反応はおこさないというのが理想のワクチンなのです。市販されているワクチンはほとんどの動物に対しては抗体をつくらせる一方で、強い副作用はごく低い確率でしか発生しないというものではあります。

 しかし、個体側の要因、つまり犬や猫の身体の状態によって、たとえばアレルギー体質や遺伝的特性によっては副作用がおこりやすい場合もあり、また、逆に免疫状態が悪い時、すなわち免疫不全ウイルスに感染している猫や老齢の場合はせっかくワクチンを接種しても十分な抗体がつくられないということもありうるでしょう。
 猫ではワクチンの注射部位に腫瘍ができるということも報告されています。確率は0.1%にも満たないですが絶対にないとはいえません。

 ではこういった副作用を考慮してもワクチン接種が必要なのかという問題ですが、おそらくほとんどの獣医師は接種を推奨するでしょうし、個人的にもすすめています。狂犬病のワクチンの必要性については前回述べましたが、混合ワクチンに含まれる犬ジステンパーやパルボウイルス感染症、そして猫白血病やカリシウイルス、鼻気管炎ウイルスなどは現在も日本に存在します。
 たしかに、たとえば犬ジステンパーやパルボウイルス感染症そして猫のパルボウイルス感染症である汎白血球減少症(もしくは伝染性腸炎)といった病気はいまや普通に飼われているペットが突然かかるということはすくないでしょう。発生はほとんどがペットショップやブリーダーから来たばかりの仔犬や仔猫です。
 しかし、猫のカリシウイルスや鼻気管炎は普通に見られますし、猫白血病ウイルスも外へ行く猫は危険性が高いです。飼育している環境や他の犬猫との接触の可能性などいろいろな要因が考えられますが、パルボウイルスやジステンパーなどの病気がめったにみられなくなったというのも、多くの犬猫がワクチンを接種するようになったからといえます。パルボウイルスなどは外部環境下でも長期間生存可能なとても強いウイルスなので、人の手や靴でウイルスが運ばれることも考えられます。
 伝染病の流行をくいとめるためにはなるべく多くの動物にワクチンを接種する必要があるという公衆衛生上の理由がひとつあります。また、多くの犬や猫が集まるところは伝染病の発生の危険が高いので、ドッグランなどいろいろな所へ犬をつれていくことがある場合、ペットホテルや病院に預けることがある場合、トリミングに連れて行くなどがあればワクチンは接種するべきでしょうし、他の動物から病気をうつされないためばかりでなくうつすことがないようにすべきでしょう。ペットホテルやドッグランなどもワクチン接種が義務ずけられている所も多いですし、むしろそうでなければ衛生状態は疑わしいでしょう。
 いつ何時、必要にせまられてペットをあずけることになるかもしれませんし、災害時にシェルターに収容されるような状況が生じないともかぎりません。いつもの環境ではない場所ではストレスなどで感染症は発生しやすくなると考えられるので、日頃からワクチン接種をしておくのは大事だと思います。
| 病気予防 | comments(9) | trackbacks(0) |
狂犬病の初期症状と対策
質問
狂犬病が日本にも入ってきて不安ですが、その初期症状はどんなものですか? また現状と対策などについてもお教えください。


回答
狂犬病とは狂犬病ウィルスに感染することにより発症する病気です。ウィルスは感染した動物の唾液中に含まれるので、咬まれることにより感染します。狂犬病という名前ですが犬だけでなく人を含めすべてのほ乳類に感染します。事実、外国ではアライグマや吸血こうもりなどの野生動物に咬まれて感染した例もあります。 

犬が感染すると通常は2週間くらいの潜伏期ののち、発熱や元気消失、食欲不振と いった初期症状から沈鬱(じっとして動かない)になったり、狂躁状態を呈するようになります。この狂躁状態が狂犬病の名前の由来というべきものです。脳神経にウィルスが入り、攻撃的になったりよだれや泡をふいたり錯乱状態や麻痺、恐水発作(水をこわがる)などの症状を示し昏睡状態になり死亡します。

人が感染した場合もほぼ同様ですが、1から3ヶ月の潜伏期の後、前駆症状として発熱や倦怠感などから始まり神経症状として不安感、恐水・恐風発作、興奮、麻痺、幻覚や精神錯乱を呈し、昏睡状態から死に至ります。どんな動物でも発症すると治療法はなく100%の死亡率といわれています。
人の場合は暴露後免疫といって、疑わしい犬に咬まれたらすぐにワクチン接種をすることで発症を防ぐことができる場合があります。

日本での狂犬病の発生は人では1954年が最後、犬では1956年が最後の発生です。ですから日本においては狂犬病は根絶されたといっていいと思います。根絶できた理由は日本が島国であることと、すべての犬を登録し、狂犬病の予防接種を義務化するといった徹底的な対策が功を奏したといえるでしょう。
しかし、多くの専門家は狂犬病の再上陸を危惧しています。なぜならば世界の多くの国で未だに狂犬病は猛威をふるっているからです。現在、狂犬病のない国は日本の他は、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、スカンジナビア諸国などわずかしかありません。
年間4−5万人が狂犬病で亡くなっています。そのほとんどはアジア、アフリカに集中しています。先日、フィリピンで犬に咬まれた方が相次いで亡くなりましたがフィリピンでは年間約250人が狂犬病で死亡し、犬の発生数も1500頭あまりが報告されています。

経済や交通手段が高度に発達した現代では、感染した動物があやまって日本に入ってこないともかぎりません。狂犬病は人から人へ直接うつる病気ではありませんが、発症した場合、100%死亡すること、症状の悲惨さから日本で発生した場合のパニックは鳥インフルエンザやSARSの比ではないでしょう。
対策としては水際予防のための検疫の強化と万が一、狂犬病がはいっても日本で広がらないように多くの犬に予防接種をすることが必要です。(疫学的に全部の犬のうち70%に予防接種が必要といわれていますが、現在の接種率は50%をきっています。)
| - | comments(0) | trackbacks(1) |